読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ますはらの日記(?)

無線通信の勉強をしてる陸上部の学生のぼやき(?)

自分の考えを変えてくれた本

こんばんは。

今日は最近読んだ本なのですが、自分の考えを変えてくれた本の紹介・感想を書いていきたいなと思います。

 

僕が最近読んでいた本は厚切りジェイソンさんが書いた「日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy」です。表紙はこんな感じです↓↓ 

f:id:mathharachan:20151118212026j:plain

 

この本を買ったきっかけですが、Twitterをやっている中で厚切りジェイソンさんのツイートがリツイートされてきて、厚切りジェイソンさんの考えがすごく前向きかつ斬新なものに見えて、思わずフォローしツイートの中で本が出るというのを見て、本を読むのが嫌いなのにもかかわらず買ってしまいました(笑)

 

買ってからは通学している間に乗っている電車の中でコツコツ何日間かかけて読破しました。感想を超簡潔に言えば、「日本人のほんの一部の人しか持ちあわせていないものだろうな、でも魅力的。」

 

確かに日本人の考えと本の中で紹介されている考えとではやはり大きく価値観の違うものが多かった。でも、そう感じたということは本当の意味で「他文化を実感した」と同じなんだろうなと思った。あるテレビ番組で「どうして日本に来たんですか?」と空港で外国人にインタビューをして密着取材していくものがあるのだが、そこでも外国人には日本人に比べ、ものに対する「熱意」が凄い。そして、遥かに前向きな人が多い。

 

その日本人と外国人との差をわかりやすく解説・説明がされているのが紹介した本である。日本人に対する「Why?」が書かれているのだが、日本人の中でその「Why?」に対する答えを出せないだろうなと、出せたとしても消極的・逃避的な意見になるだろうと読み進めて感じた。

 

あんまり言い過ぎるとネタバレになるので詳しくは書けないが、とにかく「前向き」だけど「論理的」な考え方がテンコ盛りである。多少、飛躍的な意見もあるけど大半は「論理的」な見解から出された考えだからものすごく参考になる。

 

自分の考え・概念に影響を及ぼす内容深い本なので、迷ってたり悩んでたりしてたら、是非読んでみてください( ̄ー ̄)

 

こんなに長く本について語れるなら読書感想文とか書けそうだなぁ(笑)

 

では、この辺で。