ますはらの日記(?)

無線通信の勉強をしてる学生のぼやき(?)

ベンガル語を学ぼう!

どうも。

最近の流れでは日記なのですが、昨日から複数の研究室合同で行う新配属生のための勉強会が明日まであるため保留します( ´ ▽ ` )

ここでダークホースとしてベンガル語を学ぶ初期段階について書きたいと思います(笑)

 

Q. そもそも何故ベンガル語なのさ?

この指摘が飛んできても何ら不思議ではない。理由は大々的に言うことはできません( ^ω^ )

が、敢えて言うのであれば自分への脳味噌へ刺激を与えるためですかね〜。

Twitterで「第二外国語」を学ぶことについての意見(この意見は否定的なものでした)に対する言及を見て、それに刺激を受けてやってみようと思いました。

 

Q. ベンガル語って?

Wikipedia によれば、主にバングラデシュで用いられていて実際に日常会話などで用いてる人がおよそ2億人で世界7番目に話されている言語とのこと。調べない限りはおそらく日常では耳にしない言語であろうものですが、こんなに使われている言語なのです。。。面白いものです(^ ^)

そして、このベンガル語に用いられている文字はベンガル文字これが難しい(笑)

もう見た目からして刺激ありまくりな構造をしていて一周回って「書けたら面白そう」ってなるくらいである。詳しくはこれもWikipediaを参照していただきたい。

これはもうローマ字と対応させて覚えるしかないと思い、次のものを活用して勉強しようと思います( ^ω^ )

って書こうとしたのですが、何故か上手くリンクを投入できなかったので、興味ある方はGoogle先生に尋ねてみてください(笑)

 

f:id:mathharachan:20160323222058p:plain

これが試しに書いた文字でローマ字上では「a」に対応する文字です。

まぁ、本格的に勉強している人には怒られそうなほど汚い形ですが概形は合ってるはずです(笑)

 

次は上手くリンクを挿入して紹介したいと思います( ; _ ; )

それでは、また。